minority’s diary

ゲイなギフテッドの自己記録

双極性障害

初めて精神科を受診したのは約25年前。

それから約20年、うつ病と診断されていたし、自分でもそう思っていた。

診断結果はそれほど当てにしてはいなかったけど、自分自身でそう思っていたから疑うこともなかった。

 

5年前、メンタルクリニック光トポグラフィーの検査を受けるまでは。

 

躁状態っていうのがよくわからなくて、いつも低空飛行。

調子がいいっていうことはほとんどなくて、低いところで安定している。

けど、躁状態の特徴をみると当てはまることばかり。

想像していた躁状態とは全然違う。

 

 

そして、最近は鬱のサイクルに入ったみたいで、世界がグレー。

全てがグレー。

疲れたし何か美味しいものでも食べたいって思っても、何が食べたいのかわからずひたすら迷う。

寝ても寝ても寝ても眠くて過眠。もしくは不眠。

手首を切るイメージなんてものではなくて、首筋に刃を当てて頸動脈を切り裂くイメージが脳裏から離れない。

狂いそう。

というよりも狂ってしまいたくなる。

ヤク漬けになって意識がなくなれるのなら、とすら思う。

 

そんなイメージから解放されるのは、男にデリヘルのように呼び出されて気持ちよくイカセた時くらい。

セックス依存。

それだけがおそらく精神安定剤のような。

それも望んでやっていることなのかというとよくわからない。

自傷行為の一つ。

 

もう魂が傷つくところがないくらい傷ついている。

 

 

多重人格ものの小説やらドラマを見て、トラウマの逃げ方を参考にしてしまったがために、解離性人格障害に似ている状況になってしまっているし。

おそらく境界性パーソナリティ障害

たぶん他にも。

 

 

年々、年々、振れ幅がひどくなって、極端になっていく。

普通っていうか平常時っていうのがよくわからない。

落ち込んでいる時とそうではない時の差がどんどんどんどん激しくなって。

 

この三連休もひたすら眠る。

眠り続ける。

起きていたくない。

そのまま永遠に眠り続けられたらいいのに。

消失願望と躁鬱

ほぼ毎日。

もしくは二日に一度。

もしくは週に三日。

 

喪失感と消失願望に囚われる。

自殺願望とは違う。

自殺をしてはいけない呪縛に囚われているから、それはない。

が、消えてしまいたい。

いなかったことにしたい。

それは小さい頃から。

 

写真に残るのも嫌い。

存在していたことを残すのも嫌い。

できることならそっと、存在していたこともなかったかのように消えてしまいたい。

 

そんな願望。

 

 

 

その度合いは、躁状態鬱状態の振れ幅によって大きく異なって。

仕事がうまくいけばいくほど、楽しければ楽しくしていられるほど、その反動でくる鬱状態になった時の消失願望はひどく。

 

消えてしまいたい。

 

 

弟の夫

やっと観た。

漫画ではなくて、ドラマの方。

 

http://www.nhk.or.jp/pd/otto/

 

 

中に出てくる中学生。

ゲイをとりまく環境。

 

自分の頃よりもマシになってはいると思うけども、それでも。

 

偏見、苦悩。

カミングアウトをするべきかどうか。

気がつかないだけで、周りに意外といるものなのに。

 

 

ゲイの人たちが、毒舌キャラでメディアに出てくることが多いけど、それは、普通ではないが故に悩みぬいた結果。

悩んで悩んで、誰にもいえずひとり抱えて。

それを乗り越えたからこそ。

の言葉だったり。

 

 

苦しみはね、やがて大きなエネルギーに生まれ変わるんだ。

 

 

そんな言葉が思い起こされる。

 

 

 

拒食症と過食症

以前、なにかの講演で聞いた。

 

愛情が不足をしていると過食症になる。

愛情過多だと、拒食症になる。

 

昔の日本は過食症はなく、拒食症ばかりだった。

今は過食症も増えてきた。

愛情に飢えている子供が増えたから。だと。

 

 

満たされないと食べてしまう。

それは確かにそう。

なにかに取り憑かれたように、食べてしまう。

お腹が空いているわけでもなくて、食べるという行為で満たされようとする。

満たされていなければ満たされていないほど食べてしまう。

 

 

逆に重たいほどの愛情を受けていれば拒絶するかのごとく。

食べないということでバランスをとろうとする。

生きるのをやめるという思いというのとは違うらしい。

 

大失恋をした時に3日、何も食べられなかった。

それは拒食ではない。

生きるのを停止したかっただけ。

 

過食はなるべくしてなったようなものかもしれない。

 

世界は闇で満ちている

https://youtu.be/qsOo1VOgwNI

 

中学生高校生。そして大学生。

そんな精神状態では、世間で流行っているようなPOPなものには共感できずに。

BUCK-TICKのような世界観が心地よくて。

どっぷり浸り。

 

でも、そんなダークサイドだけではない人格では、渋谷系を聞いていたり。

流行しているようなものとは縁のない生活。

 

一度は離れたダークサイドの曲たちが。

今聞くととても心地よくて。

中でも、この曲がとても優しくて。

 

 

 

人は、善によってのみ救われるわけではない。悪もまた。

という言葉が思い出されるのだけれども。

 

悪。

BUCK-TICKが悪だと言っているわけではなくて、闇の部分を認めてくれるだけで。

それが救いでそれが。

 

怒りでできている

過去を振り返って色々と考えて。

男に抱かれたのは自傷行為

精神医学やら心理学の本を読み漁り。

解離性人格障害をお手本に精神安定させて。

 

多分。

誰にも頼れず。

誰も助けてくれず。

 

根本にあるのは、怒り。

 

解離性人格障害の人が人格を統合した時に最後に残るのがやはり怒り。

 

参考にしたのがいけなかったのか。

 

ふと。

 

それを最近とても感じる。

いけないこと。

 

死は未だに望み。

 

最愛の人に殺されたい。

そんな人ができればだけれども。

 

幸せの絶頂で死にたい。

 

不幸なことがあれば、死にたくなるし。

幸せなことがあっても、それが続くわけではない、いつかは失われると思うと死にたくなる。

 

結局何をしてもどうしても死にたくなる。

 

 

怒りと絶望だけ。

自滅

今から13年前。

唯一、結婚を考えた相手がいた。

とはいえ、パートナーシップ制度もない時代。

籍を入れるというよりかは、この人と寄り添って生きていきたいって、守ってあげたいって思えた人。

早々に別れて別の道を歩んだけれども、別れてからも10年近く引きずって、吹っ切れたのはつい数年前。

 

別れた後、2、3日は、何も喉を通らず。会社に行っても仕事が手につかず。

結局夏休みを取得して1週間休んだ。

相当なうつ状態でどうにもならず。

 

 

つい先日、この時の相手にそっくりな外見をした人と出会い。

土曜に2回目で会ってきた。

最初は嬉しい気持ちで舞い上がるほどだったのだが、時間が経つにつれ、またあの笑顔を失うのかと思うともう情緒不安定。

始まってもいないのに、勝手な妄想で落ち込んで泣いて塞ぎ込んで、何もやる気にならず廃人と化す。

すべて頭の中の妄想。

だけれども、それで精神が不安定になるほどに。

 

年齢も名前も違うのに、当時の相手を重ねてしまい。

なにもないのに、すべて頭の中で話が勝手に進み、あの笑顔をまた失うというトラウマに襲われ塞ぎ込む。

 

考えすぎ。

そういうことなんだろうけども、一度失った恐怖はあの感情の動きは、ただただあの絶望がまた蘇ってきて。

 

 

苦しい。

 

ただそれだけ。