minority’s diary

ゲイなギフテッドの自己記録

審美眼

審美眼


世の中には思考をとめてしまって、判断を誰かに委ねる。
そんな人たちが少なからずいる。
理由は、考えたくないからとか、考えても仕方ないからとか、難しすぎるからとか、責任をとりたくないからとか、さまざま。

いずれ、AIが活躍し始めると、おそらくこの人たちは増える。
AIに委ねて自分で考えることをとめてしまう。

どこまで委ねるのかは個人差はあるだろう。


AIに委ねる生活。
それはそれで楽なのかもしれない。
管理されているようなものだから。


多様な価値観に溢れ、処理しきれないほどの情報にさらされていけば、そうせざるを得ないのかもしれない。


そうなっていったときに、きっと人は別れていく。

AIに支配されていく人。
そうではない人。
そして、AIを持つことのできない人。

AIも多様性をもっていればいいかもしれないけど、似たような社会で似たような生活。
差はなくなっていくのかもしれない。
そうなると個人の特性はますます埋もれていくのか。

 

いずれにせよ、多様な価値観と異常なほどの情報にさらされて、決断を迫られることが起きるだろう。
そうなっていったときにさまざまなことの判断を自分でできるようにいることが必要になる。
たぶんそれが人間らしさで人間にしかできないこと。しばらくは。

理論
数値
数式

そういうことで結論づけられることはAIに任せてもいいのかもしれない。
けど、感情に感覚にそういう分野はまだしばらくは人間のほうが優位だと考える


感覚に働きかけるものは何か。
感情を揺さぶるものは何か。
アートをはじめとした、最低限の生活には必要のないもの。
生活を彩るプラスα。

得てして役にはたたないコストとして切り捨てられるもの。
それが、きっとこれから大事になっていく。


自分なりの審美眼を持って判断ができて、良いと思えるものをセレクトできる能力。
物理的なものではなくて、感覚的なもの。
そういう世界に足を踏み入れ始めている。

パラレルワールド

映画や本は別の人生を歩かせてくれる。

映画を観てきた。
別に取り立てて素晴らしい映画でもないけど、充実した。

小さい頃から映画が好きだった。
本を読むのも好きだった。
知らない世界に連れていってくれる。
自分の知らない世界。


人生は一度だけ。
やり直すことはできない。
後悔してももう遅い。

だけど、小説や映画は、実際の人生とは別の人生を歩かせてくれる。
想像の世界で、どこまで疑似体験できるのか。
たぶんその深さによって、得られるものは大きく違う。
もちろん実際に体験するのに比べれば大きく異なるし、間違っているかもしれない。
だけれども、それを体験するのには、一生かけなければならないもの、一生かけてもなれないもの、そんな経験だって、うっすらとはできる。

それが人間の深みであったり、人生の深みにつながるんじゃないかと、今更ながら感じるようになってきた。

いろいろな経験をして、いろいろな価値観に触れて、それで始めて自分というものがオリジナルというものが出せるようになる。

小さな狭い世界に閉じこもっていては、その世界のことしかわからないし、どんどんパラレルワールドの深度を深めていくことになる。
同じ日本にいるのに、全然住んでる世界は違う。
同じ日本語を使っているのに、意味がまったく異なる。
どんどんそうやって細分化していって、いずれ、異なる世界に別れていくのかもしれない。

今までの歴史では、土地を広げていって、その土地土地での生活に根ざして文化や言葉が発達していって、別れていった。

これからは、同じ土地に住んでいるけど、世界が違う存在に分化していく。
同じ新宿で生活していても。
すれ違っても目に見えていないかのような。


どういう世界に住むようになるのかは、その人の価値観と生き方。


これが、自分なりのパラレルワールドの認識。

弱者って何?

 

dot.asahi.com

 

LGBTを始め、マイノリティの人たちって、世間から色々と言われたり、仲間はずれにあったり、いじめにあったり。

自分を隠して偽って生きている人たちって多いと思うんだけど、社会的弱者だからって言って守ってもらって当然だなんて開き直っている人たちが信じられない。

なんで強くなろうとしないのだろうか。

 

意識の問題。

 

成功しているとかそういう問題ではなくて。

 

 

多様性を認めろっていうのなら、存在を拒絶する人たちの価値観だって認めないと。

他人は他人、自分は自分。

そうやって自立しなきゃ何もできない。

 

周りに気を使わせるだけで、自分はそのまま。

それでいい。

そんなんだから、なんじゃない?

 

ゲイはゲイで狭いコミュニティの中でもすごいヒエラルキーがあって、そんなんだったらゲイの世界に足を踏み入れることも自分が傷つけられるから嫌だとか言ってそうだけど、他人に傷つけられたから何?

自分本位で、権利主張だけして。

周りを変えることだけをしようとするのは、どうなの?

 

少なくとも、自分の周りでゲイとして生きている人たちは、少なからずミッツと同意見。

 

マイノリティだからって、自分は特別って、そうやって理由をつけて、自分はこのままでいいって思っているからでしょう?

ゲイは生きてちゃいけないの?

 

マイノリティなんて、人と違うってだけで、いろんなことを言われる。

そんなのいちいち気にしてたら生きていけない。

強くならなきゃ。

 

 

選挙って一体なんなんだろうね

衆議院選挙。

選挙戦が始まる。

 

最初だけ。

最初だけもっともらしいことを並べて、夢や理想を掲げて。

でも、議員になってしまえば。

しかも何年も経って仕舞えば。

 

野党と与党が変わったって、何も変わらない。

 

結局、政治家同士マウンティングをしているだけで、長いものには巻かれて、夢も理想も破棄する。

金の亡者になり、権力の虜になり。

先生と呼ばれることが快感になり。

 

日本の政治。

そんなこと真剣に考えている人なんていないんだろうね。

日本をこうしたい。

どうしたい。

 

いくら壮大な風呂敷を広げても、徹底的に潰しにかかる官僚達。

利権に群がる政治家達。

関与してくる外圧。

 

ウンザリ。

 

大きな大きな深い闇に覆われた世の中を変えるのは多分1人では無理だし、このまま大きな闇の意図に絡まれて終わっていくんだろうな。

 

 

一度リセットできたらいいのにね。

昭和のシステム(人もモノも)全てリセットして。

被害者ビジネス

 

LGBTは被害者面してるよね。

このコメントは。

 

被害者ビジネスを始めているとしか思えない。

 

自分はこう思った。

そう発信するのはいい。

だけど、だから他人にどうこうしろとか、配慮しろとかそれは違う問題。

 

LGBT当事者としては本当にそう思うし、自分の周りにはこんなネタ気にしちゃいない。

 

多様性ってそういうものでしょう?

 

自分は、こう思う。

けど、それは他人にとっては違うよね。

 

それを認め合わないで、配慮するべきとか自分の価値観を押し付けるのは別な話。

これ、パワーバランスが崩れたら、逆転して同じことが起きるだけ。

 

前回もブログに書いたけど、いろんな人を見せるのがいい。

世の中にはいろんな人がいるんだ。

そう思うだけでいい。

 

理解なんてしなくていいし、してもらいたくもないし、したくもない。

 

弱い自分から脱却することをしないで、ただ弱いんだから守れ。それは世間の渡り方を間違えている。

LGBTに優しい社会=ストレートに厳しい社会ではいけなくて、LGBTに優しいというのは、そういう人もいる。

だけど排除するのではなくて、共存していこう。

それでいいんじゃないの?

 

それを、被害者ヅラして、訴えて、謝罪に追い込むとか、自分の価値観を認めさせたいがためにそんなことするなんておかしい。

それって、他人の価値観を認めてないことになるよね。

毛嫌いする人がいる。

それでいいんじゃない?

 

世の中にはいろんな人がいる。

別に嫌いな人と積極的に関わる必要もない。

昭和の時代みたいに、みんなが同じ。それが美徳ではないんだから。

 

 

 

 

汚いものに蓋をする

保毛尾田保毛男を放送するフジテレビの無神経、広がる視聴者の嫌悪感(秋元祥治) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/akimotoshoji/20170929-00076334/

 

 

このニュースを見て、改めて思った。

 

自分はゲイだし、ホモ。

そんな自分がこのニュースをみて、まず感じたのは、気持ち悪いということ。

 

無神経、嫌悪感。

そういう言葉を並べているけど、どちらが無神経なのだろうか。

 

嫌悪感って何?

 

そりゃ、このキャラクターで不快な思いをした人が思い出したくない過去を思い出す。

それは残念なことだとは思う。

けど、それって、こういうセンシティブなキャラクターだけではないでしょう?

 

大体、LGBTという言葉が普及して、とか、さも認知されているような書き方しているけど、認知されているのは、虚像だけ。

現実ではない。

 

マツコやミッツみたいな女装している人や、女になりたいKABA.ちゃんはるな愛にしても少数。

LGBT(ゲイ)にとってのリアルは、男として男が好きな人たち。

それでも、全体の何割かはわからない。

あらゆるパターンがあって、一概にこれって言えないのがLGBTだと思うんだけど。

 

そして、男として男が好きな人たちにとっては、保毛尾田保毛男はよほどリアルな偶像なんだけどな。

 

現実をみたくない。

もしくは、バレたくない。

そういう人にとっては迷惑な話かもしれないけど、余計な忖度で勝手に自粛とか、それこそ。

 

ああいう人たちもいて、そういう人たちにどういう接し方をしなければならないのかを教えるのが教育だと思うんだけど。

そういうこともせずに、子供の教育上よくないとか、そんなの。

 

別にバラエティで取り上げる必要はなくて、ドキュメンタリーとして、LGBTの生活を追って行ったものが放送されるのでもいい。

けど、そういう人たちの存在自体をテレビやメディアから消すというのはどういうこと?

初めから存在しない人たちって認識?

見せてはいけない人たちだから見せない。

テレビから消す。

 

だから差別なんてなくならないんじゃないの?

 

笑いに変えていたって、そういう人たちがいて、っていうことを知る機会にはなるでしょう?

 

なんでもかんでも批判して、世間の目から隠して。

それって、余計に自分たちを苦しめていることになるんじゃないの?

 

だいたい、都合の悪いところだけ、批判して、知らせないで、理解しろとか随分と勝手な話だよね。

キャラクターだってなんだって、まずは認知してもらって、そこからなんじゃないの?

 

 

だからLGBTがいることは知っている。べついても構わない。

だけど、身近にはいてほしくない。

そういうアンケート結果が出るのだと思うけど。

 

 

終活

こんな人生でも幸せだったと思って死ねたかもしれない。

 

そんな幸福感を感じることがあった。

そして、それは一瞬にして。

あとは転がり落ちて行くだけ。

 

 

仕事で終活について調べてみた。

終活産業。

 

これからのビジネス。

 

人それぞれ、いろんな人生を過ごして生きてきて、死へと向かっている。

日々。

 

死ぬ瞬間。

どんな死に方をするのか。

どんな想いを馳せるのか。

 

遺産や遺品の整理。

想い出をまとめる。

場合によっては、家を引き払って、介護施設に入所。

何をもって入所するのか。

何をもって旅立つのか。

 

取捨選択。

 

断捨離。

 

そんなことを求められる。

 

 

人生を振り返って後悔しない人もいるだろう。

振り返ることすら拒否したくなるような人もいるだろう。

幕引きの仕方をどうするのか。

 

そんなことを考える。

 

 

 

幸せの絶頂で、哀しみも後悔も、そういう負の感情をまったく感じない状態で、朽ち果てたい。

旅立ちたい。

そうすれば、きっと。

こんな人生だったけど、それはそれで幸せだったんだなと、思えるだろうから。

 

苦しんで死ぬのではなく。

日常生活を淡々と過ごしていて死ぬのではなく。

幸せを感じている瞬間にそのまま消え去りたい。

 

嫌なこと、哀しいこと、辛いこと。

全部忘れたまま。

この世に残して旅立ちたい。

 

死んだらどうなるのだろう。

あの世はあるのかこの世に漂うのか。