minority’s diary

ゲイなギフテッドの自己記録

もう一歩踏み込む

中3の時にレイプされて中で出されて。

女の子なら妊娠していたかもしれない。

男同士その心配はいらない。

レイプされた相手は、東南アジア系の外国人。

片言の日本語で道を聞かれて、それに対応しようとしたのが運の尽き。

 

 

1991年。
マジックジョンソンが引退した年。

 

HIVは日本ではまだ死ぬ病気として認識されていた当時。

 

なにも知識がない中学生にとって、外国の男に犯されて中出しされたというのは、この病気を意識させるのに充分で。

同性愛行為で感染するという知識はあった。

外国で流行っているという知識もあった。

そして、治療薬がなくて、潜伏期間は10年程度。


感染から10年くらいしたら発症して死ぬものだと思っていた。
どこかで。

25歳には死ぬのだと。

 

誰にも相談なんてできやしない。

レイプされたことも、もしかしたら感染したことも。

そして、うつになっていく。

確かめるすべもなく。

事実を知るのも怖く。

うちにうちに籠る。

 

 

そして、求められるままに体を提供して、慰み者になって、依代として悪いものをすべて持って死のうと思っていた。

 

なのに、死ねなかった。

死にたかった。

 

そして、25年が経った。

曖昧

記憶が曖昧なのは嫌だな。

昔の記憶ではなくて昨日とか一昨日とか。1ヶ月前とか。

前はこんなことはなかったのにな。

 

このまま消えてしまえればいいのに。

死ぬんじゃなくて霧散する。

空気に溶け込む。

ネガティブ

仕事っていう面では、本当に幸せなんだなとあらためておもう。
好きなことしてお金もらえて。
仕事を楽しんでやろうって思えるのは、そうなんだと思う。
その先になにがあるのかはわからないけど。
自分が正しいと思ったことをやるのみ。

そう。
そう思える。
来年は楽しい年になる。
そう思える。
楽しいことが先に待っている。
それはわかっている。

だけど、突発的に死にたくなる。
胃が痛くなる。
吸い込まれそうになる。
まっすぐ歩けないくらいフラフラする。

目の前に楽しいことがあっても、見えなくなる。

死にたい。
そう思うだけ。
その言葉だけ。

他にはなにも考えられなくなる。
それがうつ病

ネガティブなことばかりを考えているわけではなくて、むしろポジティブに考えている。
だけど、それが突然遮断されて。
思考が停止して、死にたい。そのループ。

コミュニティ

コミュニティの作り方。


居場所の作り方。
いつまでもその中心に自分がいようなんて考えているようなコミュニティに先はあるのだろうか。
止まり木でいいのではないだろうか。


某高IQ団体のコミュニティ。
10年かけて3000人。
それをめでたく言ってるけど。
この先はない。


企業が会員を募集して、会員サイトをつくったはいいけど、実質休眠している。
それと同じ。
せっかくの場を全くいかせていない。


企業であれば、会費などは企業負担。
もしくは、あってもそれそうおうの対価が支払われることが多い。
だから、とりあえず一度入ったら会員でい続ける可能性は高い。


会費制。
それに対して全うな対価がない。
それは、必ずしも商品である必要はなくて満足度を上げられるかどうか。


そういう運営は全くしていない。


一体10年もの間なにをしていたんだろうと思う。
高IQって一体なにに役に立つのだろうか。


いろんな人がいて、楽しい。
そんな漠然としたアピール。
それは、もうブラック企業のそれと同じ。
なにも特徴がないから、そこを出すしかない。


人なんて、一度入ってしまって、適当に連絡先を交換すれば会員で居続ける必要なんてなくなる。
とても曖昧で不確かなもの。


なんで会員でいつづけるのか。
それに対しての答えが出ない限り惰性で入っているか、やめるかどちらかになる。


中野信子さんの退会理由は至極当然。
なんの生産性もなく。
ただ惰性で居心地のいい空間づくりという名のもと馴れ合いの場になってるだけ。


会員になった理由は?
会員で居続ける理由は?
そもそもこれは日本の問題なのか、イギリスでも同様なのか。

ただ、仲間を増やすだけ。
馴れ合いの。
忖度しあってる。
和を乱さない。
それと改善していくのは全く別の話なのに。
文句を言うのがいけないことになっていて。
疑問を口に出すのもいけないのかしらね。
そんな秘密組織。


反吐がでるわ。


早く組織として。
方向性の明確な位置付けとPR。
それをしていかないと、入会しては退会していく。
そんな流れが止まらない。

で、残るのは、会員であることに誇りを持った人のみ。
たった50人に1人なのにね。
権力好き。
肩書きが欲しい。

それも会員である必要がなくなれば。
目的が成就されれば、いなくなる。


仲間を増やすことがとりあえずの目的。
そのために団体自体のPR。
それはわかる。
初期段階として。

その次のステップにはいつうつるのでしょう。
入会した方々のケア。
集団の特性上これは、ひどく必要だとは思わない
けどね。

 

団体に求める目的は人それぞれ違うはず。
それならそれでいいい。
筋を通さず中途半端なことをしているより。

だとしたら、入会テストを受ける前に、現在の状況でも告知しておくべきかもね
入会テスト料を払わされ、生涯のうちに3回しか受験できないのであればなおさら。

 

コミュニティのあり方として。
自分の損得感情で判断して動くのはどうなのかと思う。
これは会社を経営しているビジネスマンがやっているわけでもないのだし。
流動的に、かつ自主的に動ける組織を作っていくべきなんじゃないかなと思うわけで。

個人の感情なんて捨てて考えなければならないんじゃないかなと。
世の中のためとか本当に考えるのなら。
覚悟が足りないのね。

呪縛

突発的に死にたくなる。
殺してほしいとすら思う。

 

車の運転をしていて、あぁ、このまま突っ込めば死ねるのかもと。
初めてリアルに想像をした。
そして加速していく。

 

自殺はしてはいけない。
その呪縛から解き放たれているのかも。

 

だったら、死んでしまいたい。
世の中の穢れを吸い取って。
学生時代に思っていた通りに。

 

自殺をしてはいけない。
そんな呪縛をかけた母親に対しての憤りと怒りが。

 

多分普通ならもっともっと早くに済ませておくべきことなのかもしれないけど、ごまかしごまかし生きてきたから、今やっとその時期なのかもしれない。

 

いっそ死ねたら。
死にたい。

 

そんな言葉を吐き出すのはためらって。
消えてしまいたい。
そういう言葉に置き換えてごまかしてきた。
けど、死んでしまいたい。

 

もうこのまま。

免罪符

いろいろな書き込みを見た。

いろんな考え方があるんだなと改めて認識した。

 

メンサにしても。

ギフテッドにしても。

精神障害にしても。

 

メンサ。

ただIQが高いだけ。

情報処理能力が少し高いだけ。

決して聖人の集まりでもなく。

かといって悪人の集まりでもなく。

普通。

普通。

いたって普通。

 

権力が好きだったりお金が好きだったり。

忖度して適当に流すだけ。

 

人と違うから。

そうやって生きてきたんだろうと思っていても、ひとそれぞれ。

苦しみを感じて来た人もいればいないひともいて。

事なかれ主義で。

自分大好きで。

いかに自分をよく見せるかにばかり固執していたりして。

選民主義であったりして。

 

 

ギフテッドも精神障害も。

病気だからということでそれを言い訳にして動きをとめてしまう。

理由にして自立することはやめて周りになんとかしろと強要するようになる。

病気だから障害者だから、だから、今のままでいいとかわけのわからない理由で自分を納得させてその理由を周りにも押し付ける。

今のままどころかもっと手厚くしろとか言わんばかりに。

 

 

人と違うから。

マイノリティだから。

それを理由に自立をするのをやめる。

努力することをやめる。

そんな人たちが思いのほかたくさんいてうんざり。

 

社会貢献していない。

なのに、病気だから手厚くフォローしろ。

病気で働けないから金も援助しろ。

なんのために生きているのだろうか。

目的はなに?

 

考えることを辞めたらそれはもう人間ではない。

自分にとっては、考えること、知ること、そういう欲求がなくなったらもうそれは。

 

ただ空調の管理されたところで、時間通りに餌が出てきて、食べて寝て。

その繰り返しの日々。

それは人間なのだろうか。

自立できなければ、それは。

 

社会との関わりを絶って。

っていうのなら、山の中にでも籠もればいい。自給自足すればいい。

そんな勇気も努力もなく。

ただ、楽に人と関わらずにいかにタダメシを食っていけるのかそれだけを考えても。

 

そんなので生きている意味はあるのだろうか。

 

だったら、苦しんで苦しんで苦しんで。そうやって生きた方がよっぽど人間らしいような気がする。

悩まなくなるのはいいこと?

他人に敷かれたレールにタダ乗りするのは楽しいの?

 

とっても疑問。

 

病気を理由に努力を辞めて。

なにも変化もなく、ただ停滞しているだけ。

停滞しているだけでは腐る。

水は流れて水になる。

風は吹かれて風になる。

人は揺られて人になる。

人は悩んで考えてそれによって人として存在できているのではないのかなと。

 

そして、苦しみはいつか大きなエネルギーに変わる。

 

過保護になりすぎるのはよくない。

それが今年一年の結論。

 

ゲイであるということもそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年という年

”風は吹かれて風となり水は流れて水となり人は揺られて人となる。”
とっても影響を受けた漫画の一節。
イティハーサ
先日、Amazon電子書籍になっているのを見て、久し振りに全部読んだ。
家には、全巻揃ってはいるのだけれども、移動中には持ち歩かなければならなくて。

 

2017年。


メンサに入って、ギフテッドについて調べ。
自分について色々と考えて。
なにができるのかなとか、何かしていきたいと思っていた。
ずっとそう考えてた。
こんな苦労してきたのだから、こんな苦しんで来たのだから。
それを誰かに伝えて、同じ思いをする人を減らしたいとすら考えていた。

 

けど、ここ数週間はそういう思いも無くなってる。

 

2018年。
どうやって生きていこうか。